各種申請書はこちら
登園届
(保護者記入用)
登園許可証明書
(医師記入用)

よくある質問よくある質問

敷地いっぱいに広がる“遊び”のフィールドへようこそ!

写真

お寄せいただく様々なお声の中でも、
よくいただくご質問にこちらでお答えします。
当園を知っていただく第一歩として、
ぜひ一度、ご覧ください。

illust

よくある質問

幼保連携型認定こども園とは、どのような施設ですか?
従来の幼稚園と、従来の保育園が一体化し、一つの施設の中で幼稚園・保育園の両方の機能を持った施設です。当園は、長年にわたる幼児教育の経験を活かしながら、幼児教育・保育の両面から子育てをサポートします。
長時間児は何歳から入園可能ですか?
長時間児は、生後57日から入園可能です。ただし入園の決定は市役所が行いますので、詳細は市役所にお問い合わせください。
申込先はどこですか?
長時間児は、市役所でのお申し込みの上、市役所が選考を行います。申込方法につきましては、市にお問い合わせください。
短時間児は、当園に直接お申込みいただきます。定員がありますので、空き状況につきましてはお気軽にお問い合わせください。
保育料やその他にかかる費用を教えてください。
保育料は、長時間児・短時間児ともに市役所が決定します。前年度の納税額や兄姉の人数に応じて金額が変わりますので、詳細は市役所にお問い合わせください。
毎月かかる費用として、当園では下記の費用が掛かります。 長時間児:保育料、延長保育料、用品代、行事費、共済掛金等
短時間児:保育料、給食費、預かり保育料、用品代、行事費、共済掛金等
詳細はお問い合わせください。
慣らし保育はありますか?
お子さまの年齢と様子に応じて、個別に実施しています。初めての環境でのお子さまの負担を考えて、乳児の場合は3週間程度の期間を掛けて慣らし保育を実施しています。
おむつの指定はありますか?
紙おむつをご家庭から持参していただきます。使用済みのおむつは当園で処分します。
土曜日は保育を実施していますか?
長時間児は、保護者の就労証明書の内容に基づき、園長が必要性を認めた場合に、事前の申込の上で保育が可能です。
短時間児は、園が定めた期日までに預かり保育(有料)の申込をした場合に、利用可能です。
持病の薬や風邪薬など、投薬をお願いできますか?
園での与薬は原則的に行いません。医療機関を受診する際はこども園に通っていることを医師に伝え、家庭で服用できるように相談していただきます(朝・晩または、朝・夕・寝る前など)。ただし、医師の判断により集団保育可能でなおかつ保育時間内の与薬が必要な場合は、医師の「与薬指示書」の提出と「薬の連絡票」の記入をもって、看護師が与薬を行います。「与薬指示書」と「薬の連絡票」は園にありますので、お申し出ください。
長時間児と短時間児は、どのような違いがありますか?
長時間児は、保育の必要性により市役所が2号・3号認定子どもに認定をして入園を認めた、0歳児~5歳児の子どもです。当園では、保育の必要性に応じて市役所が認定した時間に、お子さまをお預かりして保育を行います。
短時間児は、市役所で1号認定子どもの認定を受けた3歳児~5歳児の子どもです。当園では、平日9時~14時を教育時間としお子さまをお預かりします。
また当園では、幼児クラス(3歳児以上)の長時間児と短時間児は、年齢別の長短混合のクラス編成になっており、平日9時~14時の教育時間内は、長時間児も短時間児も、同じ教育を受けています。
短時間児は何歳から入園可能ですか?
短時間児は、満3歳の4月から入園可能です。入園につきましては、入園前年の秋に一斉の面接選考があります。4月以降は、定員に空きがある場合、随時面接を行い選考に通れば入園可能です。詳しくは、当園までお問い合わせください。
入園料はかかりますか?
入園料は不要です。ただし、長時間児・短時間児に関わらず、入園にあたり通園用品や教材・教具等の園指定品の購入が必要となります。指定品の詳細はお問い合わせください。
検討中に見学は出来ますか?
可能です。ただし、園行事の日程により、直ぐにお受けできないことがありますので予めご了承ください。また、毎年秋~冬にかけて、長時間児と短時間児向けの説明会をそれぞれ開催しております。
粉ミルクはどこのメーカーのものを使用していますか?
森永の“はぐくみ”(スティックタイプ)を使用しています。
お昼寝はありますか?
長時間児は、年齢別でお昼寝の時間を設けています。短時間児は、お昼寝はありません。
園バスや、送迎用の駐車場はありますか?
バスはありません。
長時間児専用の駐車場を6台分完備しています。
短時間児は、徒歩または自転車での登降園が出来ることが入園の条件となっています。駐車場の利用は出来ませんのでご注意ください。
食物アレルギーの対応はしていますか?
医師の診断書をもとに、園長、担任、専属の栄養士と面談を行い、個別の対応をしています。